奥日光の最新観光情報
お客様は、HP開設以来  人目のご訪問者です

奥日光の最新観光情報

へようこそ!
奥日光基本情報 奥日光アクセス 奥日光見所マップ 旅館ホテル
ショップ 中禅寺湖レジャー 環境省日光国立公園 奥日光を知る書籍New!
奥日光路線バス時刻 奥日光紅葉見所 中禅寺温泉周辺見所 湯の湖畔今の様子
日光那須温泉鬼怒川温泉川治温泉湯西川温泉川俣温泉塩原温泉 最新情報
マナー準備心得持ち物服装 ハイキングトレッキング入門

奥日光とは

栃木県日光市の概ね「いろは坂」から西のエリア。住居表示では中宮祠湯元を指し、奥日光・湯元温泉中禅寺温泉光徳温泉などの天然温泉、そして湯ノ湖中禅寺湖西の湖切刈湖戦場ヶ原小田代ヶ原華厳の滝湯滝竜頭ノ滝男体山白根山太郎山などの自然資源日光二荒山中宮祠中禅寺立木観音などの神社仏閣を有するエリアです。大正から昭和の戦前にかけては、欧米各国の外交官大使館別荘が立ち並び、最盛期には40軒に及び、「夏は外務省が日光に移る」とまで言われたそうです。世界中の釣り人の理想郷奥日光につくることを夢見る社交クラブ東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部」が存在し、外交官や日本の上流階級が名を連ねましたが、1930年代後半に日本が国際的な孤立を深めるのに合わせ、倶楽部も解散に至ります。その倶楽部の中心人物は英国人の父と日本人の母を持つ実業家ハンス・ハンター氏でした・・・

奥日光の最新観光関連情報 2019

19/3/22  一部更新
昨シーズンの奥日光の最新観光関連情報

◆残雪の奥日光の山々のパノラマを楽しめます!

4月初旬に今シーズンの公開が始まる、中禅寺湖東岸の「イタリア大使館別荘記念公園」や「英国大使館別荘記念公園」では、しばらく、この時期ならではの残雪を冠った山々のパノラマを楽しめます。

国際避暑地記念施設
@日光自然博物館

◆奥日光地区の冬期通行止め等が解除になります!

昨年末から冬期通行止め運休となっていた奥日光地区の道路や公共交通機関の通行や運転が以下の予定で再開されます。積雪状況等により変更される場合がありますので、最新情報や詳細につきましては各連絡先に電話でのお問合せをお願いいたします。
●中禅寺湖スカイライン:     4月12日 正午
 栃木県日光土木事務所      0288−53−1211
●金精道路(R120・群馬県境):4月25日 正午
 栃木県日光土木事務所      0288−53−1211
●小田代・千手が浜方面低公害バス:4月26日
 日光自然博物館         0288−55−0880
中禅寺湖遊覧船:       :4月123日
 中禅寺湖機船・船の駅      0288−55−0360
明智平ロープウェイ:     :3月16日から運行中
 ロープウェイ事業所       0288−55−0331
*中禅寺温泉ロープウェイ(0288−53−0900)は施設老朽化のため廃止となりました。

◆まだまだ残雪深い奥日光のフィールド&遊歩道

湯滝や竜頭の滝、華厳の滝の周辺の氷も溶け、マンサクやヤナギの花が開く等、奥日光でも春の訪れをここかしこに感じられる様になって来ました。また、例年より、降雪が少なかったこともあり、今の所、例年よりも早く雪解けが進み、戦場ヶ原周辺では、遊歩道や木道も、かなりの部分が、顔を覗かせています。しかし、奥白根方面や切込湖・刈込湖方面等の谷あいや標高の高いエリアはもちろん、湯ノ湖西岸や中禅寺湖南岸等でも、深い所では残雪が未だ50cm以上あります。足が埋もれて思うように進めない場合や、春から秋にかけての風景とは一変しているために、コースを見失う危険があります。戦場ヶ原や小田代原、中禅寺湖北岸等も、一部で木道や遊歩道が未だ雪に隠れており、通常のハイキングの装備や服装等でのハイキングには未だ早い状況です。これらのエリアの例年のハイキングシーズンが4月の下旬頃から、切込湖・刈込湖等の標高の高いエリアや湯ノ湖西岸、中禅寺湖南岸等の日当りの悪いエリアのハイキングシーズンは例年5月中旬頃からとなりますので、お気をつけ下さい。

日光自然博物館


◆奥日光の遊漁シーズンが始まります!

今シーズンの奥日光の遊漁シーズンが始まります。 中禅寺湖での岸釣りは4月1日に、船釣りは4月20日に、湯ノ湖・湯川は5月1日に解禁となります。 詳しくは以下でご確認下さい。
♪中禅寺湖での遊漁は   ⇒ 中禅寺湖漁協

♪湯の湖・湯川での遊漁は ⇒ 全国内水面漁業協同組合連合会

◆奥日光の観光関連公共施設等が営業を再開します!

奥日光の観光関連公共施設も以下の予定で営業を再開します。
さかなと森の観察園(旧・水産庁養殖研究所)   3/20
中禅寺湖畔ボートハウス(旧「金谷ボートハウス」)4/ 1
イタリア大使館別荘記念公園           4/ 2
英国大使館別荘記念公園             4/ 1
赤沼自然情報センター              4/26

◆奥日光では引き続き冬ならではの雄大な雪景色が楽しめます!

奥日光でも雪や氷の融解が進んで来ています。茶や黒と白のグラデーションのこの時期ならではの雄大な景色をお楽しみ頂けます。例年4月初旬までは、路面に積雪し、ノーマルタイヤでは通行出来なくなることが多々あります。奥日光にマイカー等でお越しになられる際には、スタッドレスタイヤに履き替えたりチャーンを携行される(事前に装着チェックを)等、積雪対策とともに、雪道を通行される際には、急発進・急加速、急ブレーキ、急ハンドル等「急」が付く行為を避け、前の車との車間距離を十分に保ち、スピードを抑えて通行することが大切です。また防寒着や防寒シューズ、マフラー、手袋等、防寒対策もお忘れなく

@日光自然博物館
奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

◆「奥日光発・セイブツタヨウセイ入門」の参加費が無料になりました!

日光自然博物館の主催で開催されるフィールド体験プログラム「奥日光発・セイブツタヨウセイ入門」が、「JTB地球いきいきプロジェクト」に指定され、参加費が無料となりました。3月6日まで参加申し込み受付が行われています。

「JTBプロジェクトの関連イベントになりました!」
@日光自然博物館

◆奥日光でウィンタースポーツを楽しめるのもあと僅かです!

3月を目前に控え、寒さが緩む日も増えて来ましたが、奥日光では、もうしばらくの間、ゲレンデ・スキーや、クロスカントリー・スキーを楽しめます。 白銀の大自然の中、雪と存分に遊んだら、こんこんと湧き出る温泉で身体の芯からぽっかぽか ! なお、4月いっぱい位までは、路面が冠雪したり凍結する場合があります。マイカー等でお越しいただく場合、スタッドレスタイヤに履き替えるか、チェーンご携行の上、「急ブレーキ」「急ハンドル」「急発進」等、「急」のつく操作は厳禁で、お越し下さればと思います。

光徳XCスキー場

3月中の滑走条件が整う限り : 日光アストリアH
日光湯元スキー場 : 3/31までの予定

◆奥日光で「雪見露天」が楽しめるのも後わずかです!

寒い季節は、こんこんと湧き出る温泉の魅力が一層引き立つとともに、水墨画の様な幽玄な景色を眺めながらの入浴出来るのはこの時期ならではです。 「ライブカメラ」で積雪の状況を確認して、ささっとお出かけいただけるのも、東武線と東武バスで一直線、首都圏からとっても便利な奥日光ならではです。パーク&バスライドサービスや宿泊施設による日光駅までの送迎サービスを利用すれば、不慣れな雪道の不安も無用です。 また、奥日光のほとんどの宿泊施設で、奥日光地区で2日間東武バスに乗り降り自由の「東武バス・フリーパス」が半額になるサービスを実施中です。事前のお申し込みが必要となりますので、詳しくは宿泊のご予約の際に各宿泊施設にお尋ね下さい。
「湯元温泉」ライブカメラ@奥日光湯元温泉旅館協同組合
 「中禅寺温泉」ライブカメラ@二荒山神社・中宮祠
 「中禅寺湖・華厳の滝」ライブカメラ@日光自然博物館
 「神橋(日光市街)」ライブカメラ@二荒山神社


奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル


東武バス・奥日光パーク&バスライドサービス
 東武バス・奥日光地区フリーパス
 東武鉄道とバスがセットの日光地区フリーパス

◆奥日光の冬のフィールドを楽しむイベントも残り僅かです!

2月も下旬に入り、陽光も段々と力強さを増して来て、少しづつ雪解けも進み、今シーズンの奥日光の奥日光の冬のフィールドを楽しむイベントも残り僅かです。

湯元ビジターセンターのフィールド体験イベント

日光自然博物館のフィールド体験イベント


♪【ふるさと納税】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る


♪【チョコレート】【スイーツ】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る

♪【チョコレート】【スイーツ】の人気商品(売上ランキング)を【Amazon】で見る

♪【あったかブーツ】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る

♪【あったかブーツ】の人気商品(売上ランキング)を【Amazon】で見る

♪【鍋セット】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る

♪【鍋セット】の人気商品(売上ランキング)を【Amazon】で見る

♪【足下(あしもと)暖房】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る

♪【足下(あしもと)暖房】の人気商品(売上ランキング)を【Amazon】で見る

♪【あったか下着】の人気商品(売上ランキング)を【楽天市場】で見る

♪【あったか下着】の人気商品(売上ランキング)を【Amazon】で見る

◆奥日光では引き続き冬ならではの雄大な雪景色が楽しめます!

奥日光では、戦場ヶ原や小田代原、中禅寺湖畔等で、冬ならではの雄大な雪景色をご覧頂けますが、国道120号沿い三本松の戦場ヶ原展望台なら、車を降りて直ぐ、スノーシュー等の装備がなくても、雄大な景色を楽しめます。例年4月初旬までは、路面に積雪し、ノーマルタイヤでは通行出来なくなることが多々あります。奥日光にマイカー等でお越しになられる際には、スタッドレスタイヤに履き替えたりチャーンを携行される(事前に装着チェックを)等、積雪対策とともに、雪道を通行される際には、急発進・急加速、急ブレーキ、急ハンドル等「急」が付く行為を避け、前の車との車間距離を十分に保ち、スピードを抑えて通行することが大切です。また防寒着や防寒シューズ、マフラー、手袋等、防寒対策もお忘れなく

@日光自然博物館
奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光「スノーシューイング・レース日光大会」が開催されます!

3月9日(土)・10(日)に、光徳周辺をフィールドに、「スノーシューイング・レース日光大会」が、日本スノーシューイング連盟の主催で開催されます。ご参加には事前のお申し込みが必要となります。

「スノーシューイング・レース日光大会」



◆奥日光・明智平ロープウェイが休業となります

いろは坂を上り切った明智平から、華厳の滝や中禅寺湖のパノラマで有名な展望台を結ぶ明智平ロープウェイが、2月24日ー3月15日まで、点検のため休業となりますので、お気を付け下さい

明智平ロープウェイ


◆奥日光「中禅寺温泉カマクラまつり」が中止となりました!

2月9日(土)・10(日)に予定されていた「中禅寺温泉カマクラまつり」は、気温上昇による融雪のため中止となりましたのでお気を付け下さい。9日18:00からの中善寺湖畔での花火の打ち上げは、悪天の場合を除き、実施の予定です。

中禅寺温泉カマクラまつり」の中止について



◆奥日光・湯の湖が全面結氷寸前です!

ここの所の冷え込みで、湯の湖も全面結氷まであと僅かの状況です。この季節ならではの光景がご覧頂けますが、道路が冠雪したり凍結していますので、車での走行や歩行には十分にお気を付け下さい。もちろん、この時期は、スタッドレスタイヤやチェーンの装着は必須です。

湯の湖ライブカメラ
@生物多様性センター

◆奥日光・湯元温泉でプチスノーシューツアーが開催されます!

湯元温泉周辺のスノーシューコースが利用出来る様になりましたが、これに合わせて、「プチスノーシューツアー」が、1月27日(日)、2月10日(日)・24日(日)、3月3日(日)に湯元ビジターセンターの主催で開催されます。

プチスノーシューツアー
湯元ビジターセンター

楽天自動更新バナー


◆奥日光・湯元ビジターセンターでスノーシューのレンタルが始まりました!

湯元温泉周辺のスノーシューコースが利用出来る様になりましたが、これに合わせて、湯元ビジターセンターで。スノーシューのレンタルが始まりました。ビジターセンターでのレンタルは湯元スノーシューコース及び湯元内での使用の場合に限られるとともに、2・3月はビジターセンターが水曜休館となりますので、お気を付け下さい。

スノーシューのレンタル
湯元ビジターセンター

◆奥日光・湯元温泉のスノーシューコースが利用出来る様になりました!

湯元温泉の金精澤周辺に設置されたスノーシューコースに目印のリボンが設置され、利用出来る様になりました。ただ、光徳周辺のクロスカントリースキー専用コースや湯元温泉西側の金精沢周辺のスノーシューコース等を除き、奥日光のフィールドや遊歩道の冬期間の散策はとても危険です。 深い雪でコースを見失ったり、積雪で足を踏み外したり滑落する等、遭難の危険性もあります。 上述の冬期専用コース等も、未経験者や初心者だけで、いきなり出かけるのは、とても危険ですので、冬のフィールド散策には経験豊富なエキスパートととの同行が必須です。 冬のフィールド入門には、まずは公共施設等が主催する、冬のフィールド講座やイベント等からが、お勧めです。

湯元スノーシューコースオープンのお知らせ
湯元ビジターセンター

◆奥日光も「雪見露天」のベスト・シーズンです!

寒い季節は、こんこんと湧き出る温泉の魅力が一層引き立つとともに、水墨画の様な幽玄な景色を眺めながらの入浴出来るのはこの時期ならではです。 「ライブカメラ」で積雪の状況を確認して、ささっとお出かけいただけるのも、東武線と東武バスで一直線、首都圏からとっても便利な奥日光ならではです。パーク&バスライドサービス(お問合せ先:東武バス・日光営業所0288ー54ー1138)や宿泊施設による日光駅までの送迎サービスを利用すれば、不慣れな雪道の不安も無用です。 また、奥日光のほとんどの宿泊施設で、奥日光地区で2日間東武バスに乗り降り自由の「東武バス・フリーパス」が半額になるサービスを実施中です。事前のお申し込みが必要となりますので、詳しくは宿泊のご予約の際に各宿泊施設にお尋ね下さい。

「湯元温泉」ライブカメラ
@奥日光湯元温泉旅館協同組合
 「中禅寺温泉」ライブカメラ@二荒山神社・中宮祠
 「中禅寺湖・華厳の滝」ライブカメラ@日光自然博物館
 「神橋(日光市街)」ライブカメラ@二荒山神社

東武バス・奥日光パーク&バスライドサービス
 東武バス・奥日光地区フリーパス
 東武鉄道とバスがセットの日光地区フリーパス

奥日光 口コミ人気お勧めおすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光ではオオワシ始め冬鳥の姿を観察出来ます!

湯の湖や中禅寺湖では、オオバンやキンクロハジロ、そしてオオワシ始め冬鳥の姿を観察出来ます。

@日光自然博物館

◆「奥日光湯元温泉雪上探検ツアー」が開催されます!

2月17(日)に「奥日光湯元温泉雪上探検ツアー」が開催されます。ガイドの案内で、スノーシューを履いて湯元温泉周辺のフォールドの散策を楽しみます。2月7日まで参加申し込みの受付が行われています。

「奥日光湯元温泉雪上探検ツアー」


奥日光 口コミ人気お勧めおすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光「中禅寺温泉カマクラまつり」が開催されます!

2月9日(土)・10(日)に中禅寺温泉で「カマクラまつり」が開催されます。日光自然博物館前の広場で、日中は、カマクラに入ったり、巨大な雪の滑り台でソリ滑りを楽しんだり雪ん子衣装体験等をお楽しみいただけます。9日の18:00から、中禅寺湖畔で花火の打ち上げも行われます。

中禅寺温泉カマクラまつり」


奥日光 口コミ人気お勧めおすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光では引き続き冬ならではの自然の芸術が楽しめます!

奥日光では、朝晩は氷点下10度前後まで冷え込む様になり、竜頭の滝の一部の凍結が始まり、歌が浜始め、中禅寺湖の周囲では、水しぶきが周辺の木々や様々な工作物等に凍り付くことで、冬ならではの自然の造形美を楽しむことができます。歩道や桟橋等も凍結している箇所がありますので、足下には十分お気を付け下さい。

水×冬=芸術品
@日光自然博物館

◆奥日光・日光自然博物館で自然解説員の募集が行われてます!

中禅寺温泉にあ栃木県立日光自然博物館(運営は第三セクター)で、自然体験プログラムの企画運営や学校、団体のガイド、自然情報の収集・発信などを担当する自然解説員の募集が、2月14日(15時必着)まで行われています。

自然解説員の募集について
@日光自然博物館

◆奥日光・英国大使館別荘記念公園の喫茶部門の運営者を募集しています!

中禅寺温泉にある栃木県立日光自然博物館(運営は第三セクター)では、指定管理施設である英国大使館別荘記念公園の喫茶部門の運営者を、一般入札により募集しています。

英国大使館別荘記念公園の喫茶部門の運営者募集
@日光自然博物館

◆奥日光では冬ならではの自然の芸術が楽しめます!

奥日光では、朝晩は氷点下10度前後まで冷え込む様になり、竜頭の滝の一部の凍結が始まり、歌が浜始め、中禅寺湖の周囲では、水しぶきが周辺の木々や様々な工作物等に凍り付くことで、冬ならではの自然の造形美を楽しむことができます。歩道や桟橋等も凍結している箇所がありますので、足下には十分お気を付け下さい。

冬のお楽しみ
@日光自然博物館

◆奥日光「湯ノ湖湖畔花火大会」が開催されます!

湯元温泉では、「雪灯里」開催初日の2/2(土)夜7:30から約15分間、花火が打ち上げられます。 澄み渡った夜空に色鮮やかに開く雪国ならではの花火をお楽しみ下さい

「奥日光湯元温泉雪まつり」
@日光市観光協会

◆この冬も奥日光湯元温泉に「雪灯里」(ゆきあかり)が出現します!

2月2日ー10日の毎夜、温泉街の湖畔よりの「湯元園地」で「雪灯里」(ゆきあかり)が開催されます。たくさんのミニカマクラの中に灯りがともされ、雪国の冬ならではの幻想的な世界が作り出されます。

「奥日光湯元温泉雪まつり」
@日光市観光協会

◆「全日本氷彫刻奥日光大会」が開催されれます!

全国の有名ホテルの調理人や彫刻士が腕を競い合う、「全日本氷彫刻奥日光大会」が2/1に行われ、翌日の2日から湯元温泉の湯の湖畔広場で公開されます。 制作された作品は「氷が溶けてしまうまで」(通常2週間程)展示されます。日没〜21時まで、作品のライトアップも行われます。

「全日本氷彫刻奥日光大会」
@日光市観光協会

◆奥日光・湯元温泉のスノーシューコースは未だ利用出来ません!

湯元温泉の金精澤周辺に設置されたスノーシューコースは、積雪不足のため、利用出来る様になるまで、もうしばらく時間がかかりそうです。

湯元スノーシューコースの状況について
@湯元ビジターセンター

◆奥日光湯元温泉で「湯巡り手形」が開催されれています!

3月31日まで、奥日光・湯元温泉の参加施設へご宿泊の皆さん限定で、無料で3か所の宿泊施設のご入浴をお楽しみいただけます。

「湯巡り手形」
@奥日光湯元温泉旅館協同組合
奥日光湯元温泉 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光湯元温泉の温泉寺で「縁喜がらまき」が行われます

奥日光湯元温泉の温泉寺で、1月27日(日)午前10時頃から、温泉寺節分大祭(縁起ガラマキ)が行われます。

奥日光湯元温泉。温泉寺・縁起ガラマキ


◆奥日光「湯元温泉フリーパス」が半額となります!

3月いっぱいまでの積雪期間中、湯元温泉の旅館やホテルにご宿泊のお客様は、エリア内で2日間路線バスが乗り降り自由の「湯元温泉フリーパス」(3000円/2日間有効)を半額でご購入いただくことができます。 フリーパスの購入場所や方法等詳しくは、宿泊のご予約の際、各ご宿泊施設にお尋ね下さい。
東武バス・奥日光パーク&バスライドサービス
 東武バス・奥日光地区フリーパス
 東武鉄道とバスがセットの日光地区フリーパス

湯元温泉始め奥日光口コミ人気お勧めおすすめ温泉宿旅館ホテル

湯元温泉フリーパスが半額
@奥日光湯元温泉旅館協同組合

◆奥日光「カマクラをつくろう!」の参加者募集が行われています!

2月9日(土)に開催される「カマクラをつくろう!」の参加者募集が行われています。1月23日まで(必着)WebとFaxで参加お申込を受け付けています。

「カマクラをつくろう!」
@日光自然博物館

◆奥日光「親子で雪の運動会」が開催されます!

雪のフィールドで雪を楽しむ「親子で雪の運動会」が1月27日(日)に開催されます。1月16日(必着)までWebとFax等で参加お申込を受け付けています。

「親子で雪の運動会」
@日光自然博物館

◆奥日光冬のフィールドを楽しむイベントが始まります!

奥日光では、これからのシーズン、戦場ヶ原や小田代原周辺の自然研究路周辺などで、スノーシュー(西洋かんじき)を履いてのフィールド散策が楽しめますが、未経験者や初心者だけで、いきなり冬のフィールドに出かけるのは、とても危険です。そんな初心者の皆さんにお勧めの公共施設等が主催する、冬のフィールドを楽しむイベントの受付が始まりました。


湯元ビジターセンターのフィールド体験イベント

日光自然博物館のフィールド体験イベント

◆奥日光・光徳XCスキー場がオープンしました!

年末の降雪で、クロスカントリースキーを楽しめる光徳XCスキー場が一部オープンしました。例年、翌年の3月下中頃までお楽しみいただけます。 積雪等の最新のコンディション情報はブログ「日光アストリアホテル公式facebook」でどうぞ
光徳XCスキー場@日光アストリアH
奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光・湯元ビジターセンターで企画展「動物の足跡入門」が開催されています!

奥日光・湯元温泉の湯元ビジターセンターで、3月31日まで、企画展「動物の足跡入門」が開催されています。1月の開館日は1月1日ー3日、5・6日、26・27日のみとなりますので、お気をつけ下さい。
@湯元ビジターセンター

◆奥日光・湯元ビジターセンターの1月の開館日!

玄関周辺の工事延長に伴い、奥日光・湯元温泉の湯元ビジターセンターの1月の開館日は1月1日ー3日、5・6日、26・27日のみとなりますので、お気をつけ下さい。
@湯元ビジターセンター

◆奥日光・湯ノ湖周回線歩道が全面通行止めになりました!

湯ノ湖の周囲を巡る湯ノ湖周回線歩道が積雪と凍結のため全面通行止めとなりましたので、お気を付けください。

湯元ビジターセンター


◆奥日光・光徳XCスキー場のオープンも間もなくです!

クロスカントリースキーを楽しめる光徳XCスキー場のオープンも間もなくです。 積雪状況等、滑走条件が整い次第オープンし、例年、翌年の3月下中頃までお楽しみいただけます。 積雪等の最新のコンディション情報はブログ「日光アストリアホテル公式facebook」でどうぞ
光徳XCスキー場@日光アストリアH

◆奥日光にお出かけの際は是非、世界遺産・日光の社寺での初詣を!

中禅寺温泉地区の二荒山神社中宮祠中禅寺立木観音、湯元温泉地区の日光山温泉寺温泉神社等、奥日光でも人気の定番社寺で、しっかり初詣が出来ますが、奥日光にお出かけの際は、歴史と伝統に満ちた世界遺産日光の社寺での初詣もお忘れなく。

日光市内の初詣情報
@日光市観光協会

◆奥日光で恒例の「武射祭」が開催されます!

新年1月4日午前10時から、日光二荒山神社中宮祠で、恒例の「武射祭」が開催されます。室町時代から続く伝統的な行事で、厳寒の中、宮司や神官、弓道愛好家の人たちが「ヤー」というかけ声とともに、赤城山方面の湖面に向かって矢を放ちます。 放たれた矢は、神社の札所で災難除け開運御守をつけた破魔矢にしてもらい、持ち帰ることもできます。また当日は、甘酒と大根の切り漬けが振る舞われます。

「武射祭」
@日光二荒山神社


◆奥日光の冬のフィールド散策は経験豊富なエキスパートとご一緒に!

奥日光のフィールドは、既に雪景色が日常になっています。光徳周辺のクロスカントリースキー専用コースや湯元温泉西側の金精沢周辺のスノーシューコース等を除き、奥日光のフィールドや遊歩道の冬期間の散策はとても危険です。深い雪でコースを見失ったり、積雪で足を踏み外したり滑落する等、遭難の危険性もあります。上述の冬期専用コース等も、未経験者や初心者だけで、いきなり出かけるのは、とても危険なことで、冬のフィールド散策には経験豊富なエキスパートととの同行が必須です。冬のフィールド入門には、まずは公共施設等が主催する、冬のフィールド講座やイベント等からが、お勧めです。

新雪景色in奥日光
@日光自然博物館

日光自然博物館のフィールド体験イベント


◆奥日光・湯ノ湖周回線歩道の西側ルートが通行止めになりました!

湯ノ湖の周囲を巡る湯ノ湖周回線歩道の西側(山側)ルートが積雪と凍結のため通行止めとなりましたので、お気を付けください。

湯元ビジターセンター


◆奥日光の「雪見露天」のシーズンが始まりました!

奥日光では、雪景色がだんだんと定着して来て、冬ならではの魅力「雪見露天」のシーズン開幕です。寒い季節は、こんこんと湧き出る温泉の魅力が一層引き立つとともに、水墨画の様な幽玄な景色を眺めながらの入浴出来るのはこの時期ならではです。 「ライブカメラ」で積雪の状況を確認して、ささっとお出かけいただけるのも、東武線東武バスで一直線、首都圏からとっても便利な奥日光ならではです。

「湯元温泉」ライブカメラ
@奥日光湯元温泉旅館協同組合
「中禅寺温泉」ライブカメラ@二荒山神社・中宮祠
「神橋(日光市街)」ライブカメラ@二荒山神社


戦場ヶ原の手軽な満喫ポイント
@日光自然博物館
奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

◆奥日光・湯ノ湖周回線歩を通行の際はご注意ください!

湯ノ湖の周囲を巡る湯ノ湖周回線歩道も、数センチの積雪があり、特に山側・西岸ルートは積雪と凍結で湖に滑落する危険ありますので、通行の際は、十分にご注意下さい。

湯元ビジターセンター


◆年末年始は温泉にのんびりつかりながら奥日光で!

男体山は古来より北関東のエリアの人々に聖地とし崇められ、奈良時代の勝道上人による開山以来、神聖なエリアとしてその歴史を刻んできました。 そんな奥日光は、お正月の厳かな気分にひたるにはぴったりの場所。中禅寺温泉地区の二荒山神社中宮祠中禅寺立木観音、湯元温泉地区の日光山温泉寺温泉神社等が初詣の定番として人気があります。
もちろん、お勧め初日の出スポットもたくさんあります(湯滝滝口、菖蒲が浜湖畔、明智平、黒髪平などの国道120号沿い等が手軽でお勧め!)。年末年始は是非、そんな奥日光で温泉につかりながらのんびりお過ごし下さい。

奥日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル

年末年始2017
年末年始2017
年末年始2017

◆奥日光の不馴れな雪道も安心! パーク&バスライド・サービス実施中!

奥日光の多くの宿泊施設では、日光駅までの送迎をしていますが、東武バスでも、マイカーでお越しのお客様向けに、駐車場(520円/回)を東武日光駅近隣の「東武バス日光営業所」(0288−54-1138)にご用意しています。「雪道は不馴れな ので・・・」とこれまでお出かけを見合わせていらした方にも、日光市街までマイカー等でいらして、そこからは東武の路線バスのご利用で、一面の銀世界&雪見の露天風呂等が一層身近になります。
また、エリア内で2日間路線バスが乗り降り自由の「湯元温泉フリーパス」(3000円/2日間有効)、「中禅寺温泉フリーパス」(2000円/2日間有効)等も発売されていますので、奥日光の冬の旅の一層の充実に是非ご活用下さい。
東武バス・奥日光パーク&バスライドサービス
 東武バス・奥日光地区フリーパス
 東武鉄道とバスがセットの日光地区フリーパス

「湯元温泉」ライブカメラ@奥日光湯元温泉旅館協同組合
 「中禅寺温泉」ライブカメラ@二荒山神社・中宮祠
 「神橋(日光市街)」ライブカメラ@二荒山神社

奥日光クチコミ人気温泉宿

◆奥日光・湯元ビジターセンターで「鹿革細工教室」が開催されます!

12月の毎週日曜日に奥日光・湯元温泉の湯元ビジターセンターで、「鹿革細工教室」が開催されます。 参加費は750円、個体数調整の一環で、戦場ヶ原周辺で捕獲されたニホンジカの皮を使用して、ストラップ、しおり、腕輪のいずれかの皮細工を体験頂きます。
@湯元ビジターセンター

◆奥日光地区の公衆トイレの一部が冬期閉鎖となります

奥日光地区の公衆トイレは、冬期の低温のため、一部を除いて順次閉鎖となります。冬期も利用できる公衆トイレも、想定外の冷え込みによる凍結等で、一時的に利用できなくなる場合もありますので、予めご了承下さい。

奥日光地区の公衆トイレ
@日光湯元ビジターセンター

◆日光自然博物館で管理嘱託員の募集を行っています!

中禅寺温泉にある栃木県立日光自然博物館(運営は第三セクター)では、国大使館別荘記念公園、イタリア大使館別荘記念公園及び中禅寺湖畔ボートハウスで、来年平成31年4月から管理・運営業務を担当頂く管理嘱託員の募集を行っています。

管理嘱託員の募集について
@日光自然博物館

◆奥日光・湯元スキー場のオープンは12月21日です!

湯元温泉街に隣接する日光湯元スキー場が12月21日(金)にオープンします! なお、天候等によっては延期されることもありますので、最新の情報は施設のHP等でご確認をお願いいたします。

日光湯元スキー場のHP


◆奥日光で「オオワシ・オジロワシをさがそう!」が開催されます!

中禅寺温泉の日光自然博物館では、12月8日に、中禅寺湖畔のボートハウス周辺で自然観察会「オオワシ・オジロワシをさがそう!」を開催します。ご参加には事前のお申し込みが必要となります。

「オオワシ・オジロワシをさがそう!」
@日光自然博物館

◆奥日光・日光自然博物館で企画展「地域の記憶展 『明治の山峡 華厳のひびき』」開催中!

中禅寺温泉の日光自然博物館では、来年2月17日まで、企画展「地域の記憶展 『明治の山峡 華厳のひびき』」が開催されています。写真や随筆、昭和中期に地元高校生により作成された短編映画といった多様な展示物により、華厳滝にかける地域の人々や、滝に心動かされた人々の思いを紹介しています。

地域の記憶展 『明治の山峡 華厳のひびき』」
@日光自然博物館

◆奥日光・日光湯元ビジターセンターが平日休館となります

玄関周辺の工事に伴い、12月1日ー28日は、日光湯元ビジターセンターが日曜日と祝日のみの開館となりますのでお気を付け下さればと思います。

ビジターセンター臨時休館


◆日光湯元ビジターセンターで職員募集を行っています!

湯元温泉の日光湯元ビジターセンターでは、ビジターセンター管理運営業務、施設清掃維持管理、シカ柵管理業務等を担当する職員の募集を来年2月28日まで(必着)行っています。

日光湯元ビジターセンター職員の募集
@日光湯元ビジターセンター

◆雪の季節が始まりました!

湯元温泉街や戦場ヶ原始め奥日光では既に積雪が始まっています。 これから来年の春までは、路面に積雪し、ノーマルタイヤでは通行出来なくなることが多々あります。 奥日光にマイカー等でお越しになられる際には、スタッドレスタイヤに履き替えたりチャーンを携行される(事前に装着チェックを)等、積雪対策とともに、雪道を通行される際には、急発進・急加速、急ブレーキ、急ハンドル等「急」が付く行為を避け、前の車との車間距離を十分に保ち、スピードを抑えて通行することが大切です。 また防寒着や防寒シューズ、マフラー、手袋等、防寒対策もお忘れなく

@湯元ビジターセンター

◆小春日和は奥日光はバードウォッチングもお勧めです

広葉樹の葉がすっかり落ちて、初春に並び野鳥の観察が楽しみやすい時期を迎えています。本格的な降雪が始まるまでのこの時期、小春日和はバードウォッチングもお勧めです。

@湯元ビジターセンター

◆奥日光地区の路線バスが冬期シーズン時刻に変更になります

奥日光地区の路線バス(東武バス)が12/1から冬期シーズンダイヤに変更となります。奥日光に公共交通でお出かけの際は、最新の路線バス運行時刻をご確認下さい
日光地区路線バス案内
 東武線路線図
 東武日光駅奥日光方面バス時刻表
 JR東日本時刻検索

◆奥日光・千手が浜でオオワシの飛来が確認されました!

中禅寺湖の西岸に位置する千手が浜で、今シーズンもオオワシの飛来が確認されました。

@日光自然博物館

◆奥日光の観光関連公共施設等が冬期休業となります

以下の観光関連公共施設が冬期休業となります。
さかなと森の観察園  12/1〜3/19
中禅寺湖畔ボートハウス(旧「金谷ボートハウス」)
 12/1〜3/31  日光自然博物館
イタリア大使館別荘記念公園
 12/1〜3/31  日光自然博物館
英国大使館別荘記念公園
 12/1〜3/31  日光自然博物館
赤沼自然情報センター
 12/1〜4/25   日光自然博物館
●湯元温泉街・足湯「あんよの湯」 12月中旬〜4月中旬
(年末年始はオープン予定)

◆奥日光・柳沢でブラウントラウトの遡上が始まっています!

中禅寺湖の西岸・千手が原でも、カラマツもほとんど葉を落としてしまい、すっかり初冬の装いですが、千手が浜に流れ込む柳沢ではブラウントラウトの遡上が見られる様になりました。
日光湯元ビジターセンター



奥日光クチコミ人気温泉宿
日光クチコミ人気温泉宿

◆奥日光地区の道路や公共交通機関が冬期通行止めや運休となります!

奥日光地区の道路や公共交通機関は以下の日程(予定)で冬期通行止めや運休となりますのでお気を付け下さい。 積雪等天候条件によっては通行止め等が早まる場合もありますので、最新の情報につきましては各連絡先に電話でお問い合せ下さいますようお願いいたします。
●中禅寺湖スカイライン  11/26〜4/12
 日光土木事務所 0288−53−1211
●金精道路(湯元〜菅沼)  12/25〜4/25
 日光土木事務所 0288−53−1211
●小田代・千手が浜方面低公害バス  12/ 1〜4月下旬
 日光自然博物館 0288−55−0880
中禅寺湖遊覧船  12/ 1〜4月上旬
 中禅寺湖機船 0288−55−0360
明智平ロープウェイ  3/ 1〜3/15
 事業所 0288−55−0331

◆丸沼高原スキー場が一足先にオープンします!

湯元温泉から金精道路(冬期の通行にはスタッドレスタイヤの装着が必須です/年内の通行は12/25正午までの予定)で約30分の丸沼高原スキー場が、日光市内のスキー場より一足早く11/23に一足先にオープンします
丸沼高原スキー場

奥日光日光 口コミ人気おすすめ温泉宿旅館ホテル


♪1.5時間のスタジオレッスンが500円のサルサレッスン@下北沢 ♪奥日光のサイト ♪那須温泉郷のサイト ♪鬼怒川・川治・湯西川・塩原温泉のサイト ♪首都圏近郊ランキング上位クチコミ人気温泉宿旅館・ホテル
ページの先頭に戻る

inserted by FC2 system